通信制高校の拡大を予言していたピータードラッカーの先見性

通信制高校と著名な経営学者ピーター・ドラッカー。

この二つには、一見接点はないように思えますが、実は、ピーター・ドラッカーの著書の中で、通信制の学習について述べている部分があります。

大学は消滅するだろう。未来は、伝統的なキャンパス教室の外にある。遠隔教育は、急速に進んでいる。」

と著書の中で述べています。

既に故人となってしまったピーター・ドラッカーですが、クラスメイトとのコミュニケーションが必須の学習形態から遠隔による学習に進んでいくことを予測していました。

現在、いじめやその他の理由で不登校になってしまった学生が自宅で学べる通信制高校に魅力を感じていることを予言しているような内容ですね。

彼(ピーター・ドラッカー)がいうところの遠隔教育とは、現在では「Eラーニング」とか「オンライン教育」と呼ばれています。

つまり、学校に通わず様々な分野の学習内容が、オンラインで修得できるシステムです。

高卒資格の分野で考えれば、まさに通信制高校が、これに該当します。

世界的にも著名なピーター・ドラッカーは、既に未来を見通していた、と言えるのではないでしょうか。

ですから、通信制高校に入学または編入や転入をお考えの方で、偏見や負い目等で悩む必要はありません

自らのスキルアップに向けて、通信制高校を活用してください

時代の流れが、通信制の教育形態を後押ししている現状が現実です。

まずは、自分に合う学校を探しましょう

⇒通信制高校の一括資料請求はこちらから(無料)